肝臓の数値に注意|サプリメントで改善できる

腸内環境から免疫力まで

サプリメント

飲むタイミングが大事

腸内環境を整えたり、ダイエット効果をもたらしたりと人気の乳酸菌サプリですが、皆さんはどのような時に飲んでいるのでしょうか。実は、乳酸菌サプリは飲むタイミングを間違えると、せっかくの効果が半減してしまうこともあるのです。健康に様々な好影響を与えてくれる乳酸菌ですが、二つの注意点があります。それは、胃酸に弱いというのと、熱に弱いということです。ですから、乳酸菌サプリはできれば食後に、水もしくは熱過ぎないぬるま湯で摂取しましょう。食後ですと食事の影響で多少胃酸が薄くなるからです。最近は胃酸に溶けないように工夫された乳酸菌サプリもたくさんありますので、それほど神経質になる必要はありませんが、どうせならより高い効果が期待できる方がベターと言えるでしょう。食後に適量の乳酸菌サプリ、続けたい美容&健康習慣です。

乳酸菌は一つじゃない

乳酸菌には様々な種類があります。そして、それぞれに特徴があり、その効果も微妙に異なっています。どの乳酸菌が配合されているかで乳酸菌サプリの効果も違ってきますので、自分の目的に合ったものを選ぶ必要があります。例えば、LG21乳酸菌はピロリ菌を減少させる働きがありますので、胃潰瘍など胃の不調が気になる方におすすめです。また、クレモリス菌FC株には生きたまま大腸まで届くという性質があるので、腸内環境を整えるのにピッタリです。ラブレ菌には免疫力を高める働きがあります。これらの乳酸菌が配合されている乳酸菌サプリを、その特徴に合わせて使い分けることで、期待する効果を得ることができるでしょう。様々な場面で活躍する乳酸菌、サプリもまた様々な場面で私たちの健康を維持してくれるのです。