肝臓の数値に注意|サプリメントで改善できる

海藻でがん細胞を抑制

栄養補助食品

吸収しやすい形で摂取

がん治療のための代替医療として、フコイダンの効果に注目が集まっています。ワカメやモズクなどの海藻がネバネバするのは、フコイダンが含まれているためです。がん治療以外にも、抗アレルギー作用や胃粘膜保護効果があるとされており、現在では様々なサプリメントに利用されています。ただし海藻類を大量に食べても、フコイダンは十分に摂取できないので注意が必要です。というのはフコイダンは、海藻の乾燥重量の約4%しか含まれていないからです。またフコイダンは分子量の大きい多糖体で、人間はそのままの形では消化吸収することができません。そのため海藻の成分を凝縮した上で、吸収されやすいように低分子化したサプリメントも市販されています。

3種類の働き

フコイダンのがん細胞抑制効果は、3種類の働きによると言われています。まずがん細胞が自滅するスイッチを入れる働きで、アポトーシス誘導と呼ばれています。次に免疫力を強化して、がん細胞を攻撃させる働きです。最後に血管の新生を抑制し、がん細胞への栄養供給をストップする働きです。抗がん剤や放射線療法は健康な細胞にもダメージを与えますが、フコイダンにはそのような副作用がないという特徴があります。フコイダンの効果については解明されていない部分も多くありますが、海外では日本よりも研究が進んでいて、評価も高くなっています。高血圧や糖尿病などの生活習慣病が改善されたという報告もあり、今後ますます注目される健康成分と考えられます。